氷河米はえぬき・ミルキークィーン・つや姫なら与五郎ライスサポート

与五郎ライスサポート

気軽にお電話ください

 

FAXお問い合わせ

 

お米とお水について

 

お米の保存方法

 

商品カテゴリ

コンテンツ

与五郎ライスサポート ブログ

 

HOME»  与五郎について

与五郎について

与五郎の米作り紹介

山形県特別栽培米認定 「はえぬき、つや姫」

 

山形県特別栽培米認定 
【はえぬき、つや姫、ミルキークィーン、こしひかり、ひとめぼれ


2月の末から栽培計画等の書類を提出し「肥料設計、農薬管理、8月の現地視察、玄米の在庫管理、認証シールの在庫管理」など、かなり厳しく特に「つや姫」は葉っぱの色から刈取り後のタンパク測定と農家泣かせです。
※現在27年産米は全ての品種が「山形特別栽培米」に認定されています。
 

 


 

希少な超疎植栽培

聞き慣れない言葉ですが、一つ一つの稲の間を大きく開けて栽培する方法です。
私たちのお爺さん達の時代の「手植え」と同じ間隔で植えて栽培するという事で、株間を開けることによって、太陽の光が十分に当り風通しも良く健康な稲に育ちます。当然、健康な稲には健康なお米が実るのです。

超疎植栽培は「つや姫」以外すべての品種で行っていますが、「つや姫」だけは、特別栽培米認定機関の指導により制限されていますので、通常の植え付け本数となっています。

 

希少な超疎植栽培

 


 

たっぷり米糖散布

 

たっぷり米糖散布

米ぬかを使用し、農薬、化成肥料をなるべく減らす事で、毎日食べるお米だからこそ安全で安心して頂けるお米を生産していきたいのです。
米ぬかは最高の肥料で、土壌改良剤でもあり微生物の大好物でもあります。当方で栽培し精米した米ぬかしか散布していません。
慣行栽培の農薬を多量に使用し育ったお米の米ぬかは一切使用していません。
10月の末から始め、雪化粧した鳥海山を眺めながら、のんびりとトラクターを走らせています。

 


 

ラック保存、もみ保存、低温保存

JAの倉庫や大きな倉庫では、玄米を何段にも高く積み上げて保存していますが、下のお米には大変なストレスがかかっています。当方の保管方法は、一段ずつネスラックという棚(左写真)に上げて保管しています。当然ストレスはかかりません。
さらに籾での保存も行っています。籾は一定の水分と温度があれば芽が出ます。生きているのです。
生きたまま保存しているという事なのです。

 

ラック保存、もみ保存、低温保存

 

会社紹介

会社名 株式会社 アグレスト ≪与五郎ライスサポート≫
代表 土井 信治
所在地 〒999-8243 山形県酒田市北仁田字川除90
TEL 0234-64-3724
MAIL info@yogorou.jp