氷河米はえぬき・ミルキークィーン・つや姫なら与五郎ライスサポート

与五郎ライスサポート

気軽にお電話ください

 

FAXお問い合わせ

 

お米とお水について

 

お米の保存方法

 

商品カテゴリ

コンテンツ

与五郎ライスサポート ブログ

 

HOME»  お米の保存方法

お米の保存方法

お米の保存方法

 

日本各地に米どころと呼ばれる場所があり、それぞれで美味しいお米が作られています。最近は食の安全性を見直す動きから、お米の品種にこだわる方が増えています。
美味しいお米を食べるなら品種はもちろんですが、洗米・炊飯に使用するお水も重要な役割を担います。

 

お米のおすすめ保存方法

・保存容器を用意しよう
お米が入っている袋には小さな穴が開いています。なかには、お米の袋そのまま保存しているという方もいらっしゃるでしょう。
しかし、そのまま保存してしまうと湿気、害虫などが入ってしまう恐れがあります。
お米は購入したらすぐに保存容器に移し替えることをおすすめします。

・お米の保存容器に適しているもの
保存容器は、密封できるもの、お手入れが簡単なものをおすすめします。
ペットボトルやタッパー、厚手の密封できるビニール袋などがおすすめです。

・注意したいお米の保管場所
お米が苦手としているものは、高温、多湿、酸化です。ご家庭のなかで保存場所に選ばれることの多いシンク下やレンジ下は、お米を保管するのに便利なのですが、どうしても高温多湿になってしまいます。
お米は他の食品のにおいを吸収しやすいので、一緒に保存するものには注意が必要です。
お米の保存場所に適していると考えられる場所は冷蔵庫です。
冷蔵庫ですと高温多湿を防ぐことができます。さらに酸化、においの吸収を防ぐために密封できる容器に保存するようにしましょう。

 

やっぱり新鮮なお米が美味しい

お米は精米してからどんどん劣化していくとされています。お米は2~3週間ほどで食べきれる量を購入することをおすすめします。購入したお米はできるだけ正しく保管することが、最後まで美味しく食べるコツです。

 

やっぱり新鮮なお米が美味しい